2008/11/26

24日、振り替え休日をK氏とアジ釣り

月曜の振り替え休日をK氏とアジ釣りへ。
外房方面と決め、道中の釣り場を覗きながら、小漁港へと落ち着きます。幸い、先客なし!幸先よし! ということで、4時半頃には釣りを開始。各々、しばらく1本バリにオキアミで、様子を探ります。コマセが効いたか、回遊したか(笑、1尾めのアジをK氏が掛けます。フィーバータイムか、ということで3本バリのサビキ仕掛にチェンジして、22~23cmのレギュラーサイズのアジを調子良く釣り上げていきます。
久し振りにアジのフィーバータイムで至福の時を。ヘッドライトが要らなくなる頃にアジのアタリが遠のいたのでバッカンに活かしておいた小ぶりのアジを選んで、泳がせてみます。6時半前頃、ギュンギュンという竿の反応に続き、ドラグがジージー出て行きます。船道のかけあがり付近で掛け、船道をグングン走って行きます。



来た~!!
「走るね」
「何だろ」
「うーん」
・・・とその時、ブッツン^^;
姿を見ずにアジごと捕られていきました。

4号ハリスのサルカン部分から切れています。
結びが下手なのか・・・悔しい~。

気を取り直して、もう一度泳がせて見ると船道を沖にアジが泳ぎ、大分たってからグググーンと強い引き!ドラグを締めつつ、泳ぐ魚を懸命に寄せようとしたのですが、ほどなくハリス途中で・・・根ずれのようです。またもやバラシ(泣。

ルアー竿だったから(ポソッ。
長い磯竿の方が魚をあしらいやすいね(ボソボソッ。
きっとサメだよ(ボソボソボソッ。

また来週、出直して来ます。魚の姿を拝めないのは、悔しいですっ(ザブングル風に。

7時前に撤収準備。
コマセがもう1回戦分残っているので、朝ご飯のおにぎりなどを食べながら釣り場移動の相談を。だいぶ寒くなってきましたので、クルマの中でしばし暖をとりながら。

結局、海岸沿いを南下しながら、目ぼしい釣り場を見て回りながらさてどこにしようかと決め手のないまま小湊を過ぎて寄浦港まで。

「うーん、決め手に欠けるね」
「いや、どこでも良いですよ」
「ピンと来ないな~」
「このまま行くと館山まで行っちゃいますよ^^;」
「じゃあ、うんと寂れた人の少なそうな所でやろっか」

というわけで、浜荻港の先端が空いていたので、荷物を担いで歩いて目指します。クルマを停められる場所からはかなり歩きます。

午後になると雲行きが怪しく、1時を過ぎる頃から雨がポツポツ、風も強く吹き付けてくるようになりました。と、船道の際に赤緑っぽい背中をした魚がたくさん見えてます。

「ハリ掛かりしません~」
「どれどれ」

と、釣り上げてみたのは何と手のひら未満の小アジ!その後、まさに入れ食い状態となり、またサビキ仕掛けを取り出して南蛮漬けを釣り上げていきます(笑。海中を良く見てみると、左から船道の際を通って、緑色の背中がわんさかと港内へ移動して来ます。天気が崩れる前だったので、避難中だったのかもしれません。

小さいナブラが立つので、ジグやミノーを投げてみるも残念ながら反応ナシ。あれやこれやで2時前にはコマセが尽きて納竿としましたが、荷物をかたしてクルマに乗り込んだ頃ちょうどざんざんの雨となり、ぎりぎりセーフのタイミングでした。

今日は楽しかった~。














=====

【某高等学校校庭のイチョウ】


葉も色付き、秋本番。
年内、アジが釣れ続きますように(祈。
泳がせ釣りもリベンジしますよ~(笑。

0 件のコメント: