2008/10/26

日曜釣行:南房白浜~千倉



第一ターゲット=黒ムツ!
第二ターゲット=大アジ!

ということで、南房白浜へK氏と釣行。朝早起きして参りましたが・・・

波が高い><
うねりが大きい><

結局、野島崎灯台周りの漁港へ落ち着くことに。暗いうちは風もまだ強くなかったので、どうにか竿を出しましたが、釣れない^^;何にも・・・

結局、たまたまエサを見つけてしまった写真の小さいムツ君のみでした。もう1尾ムツのアタリがあったのですがハリに乗りません。まあ、1尾も2尾も一緒(笑。明るくなる前、サバ切り身エサにサメが喰い付いて来て難儀しました。1.2号竿に1.85号ラインですのでウキをとられないようにあしらいながら、ようやくタモに捕ろうと言う時にハリ外れ。水面に上がってきたのは目測1mはあろうかというドチザメのようなやつでした。それにしてもサメって何であんなに重いの^^;

明るくなるまで頑張ると、南西風に変わり、沖には次第に白波が。WSFの風ですよ、これは・・・大きなうねりのセットが堤防を洗うようになったので、とりあえず魚も釣れないし撤収!

おにぎり食べて移動先を探します。南西で風裏になりそうな千倉方面へ足を伸ばし、途中の磯や漁港などをチェックしつつ、平館港へ落ち着くことに。大王島手前の磯場でやっても良かったのですが、堤防一番奥の高いところから外海側へ竿を出すことに。

【メジナ、最大サイズできっかり25cm】


寒くなってくるともう少し大き目のが釣れます。今日はK氏のフカセトレーニングを兼ねて。ここまで来ても次第にうねりが寄せるようになって来ました。

【ブルー・スリー】
フカセに飽きてチョイ投げで。
=====
「ブルー・スリー」・・・
「ブルース・リー」
ハッ!!! 
しまった!

今日の菊花賞は「ブルースリー」だったんだ!まあ、どうせ勝馬投票しないんですが(笑。
=====

フカセの最後にまたしてもサメ?重いのなんの、テトラ際へ走ったり巻き上げてきてもまた潜ったりと重量感たっぷりです。最後まで姿は拝めませんでしたが、絶対サメ!^^;それまでの短い時間に3回も泳いでいるのを見ましたから(笑。姿を拝むまでは一応万が一を考えて慎重に。と思ったら、タモを手に取ろうかという時にまた深く潜り、愛用の1.2号竿が4番根元からボッキリ(泣。

【トンビに笑われているようです・・】

2008/10/20

日曜釣行:検見川浜にてサバ釣り


===
ここのところ、休みをずっとウッドデッキの修繕に充てていたので、きちんと釣り行きたい~。

%&$#「デッキが直るまで行け(釣行)ないよね、普通」
!!!!「・・・」
===

===
雨水で腐ったところをできるだけ大きく切り取って代わりの木に交換してあげます。ついでに目隠しをしたいところに自作ルーバー型フェンスを。見た目は気にしちゃいけませんよ^^;塗装すればそれなりに見えますから(笑。ようやく日曜日になって最終の塗装段階となり、マズメに間に合うよう猛スピードで塗りました(笑。

===
実は土曜の未明にワタシのホームゲレンデ(何の?^^;)である検見川浜の防波堤をチェックしてまして:
そこでは、何と館山で釣られたはずのサバがまるまる太って回遊して来ているではありませんか!!おまけに岸寄りの水深の浅い側ではセイゴ(目測30cm~40cmぐらい)がルアーで入れ掛かり状態です。土曜はヒイカ(昨年釣れていたのを見た限り、大きくて体長15cmぐらいの小ぶりなイカです)が来てないかということで、暗いうちだけ釣って帰ろうという速攻仕様でしたので、生エサ類は持参しておりません。

ワタシの簡単仕掛は:
■ルアー竿
■投げ釣り用オモリ6号~8号、捨てイト
■小型の三叉サルカン
■リーダー代わりに2.5号ハリスを60cm~矢引程度
■エギスッテ(2号以下)

適当なところに投げて巻いて来るだけのズル引きです。残念ながら全く手応えなし。明るくなってトボトボと防波堤を引き返すところでセイゴ祭りに遭遇しました。みな、魚をしまうでもなく無造作に堤防へ投げ置いて、すぐさまルアーを再投入して行きます。そこここで、ビトン・ビトンって音が・・・

サバはアミコマセのサビキが多かったですが、釣り上がったのを見たのは一尾のみでしたので、数が釣れるというほどではないのかもしれません。投げサビキの横で少し離れてかろうじて持っていたジグを投げてみますも、全く反応なし^^;あー、もう帰ろ。7時前に帰らないと。

===
変わって日曜日:
セイゴは釣っても食べないので、サバ狙い一本です。コマセ1ブロックと付けエサにオキアミを仕入れ、いざ!5時前には釣り始めることができました。期待しつつ、打ち返しますが・・・うーんなかなか。陽が落ちかけてようやくアタリが。そう、これだ!これが館山で釣り損なった生き残りの!(笑。

【帰り際にパチリ】

===
その後きっかり6時半まで粘りましたが、結局この1本のみ。土曜に人でごった返していた堤防が閑散としていたので、釣れるのはもしかして朝だけ?!潮のせいにはしたくないので(笑。

【胴がまるまる太ってます】

===
締めサバでいただきます。太っててなかなか美味しそうです。

【千葉ポートタワーを望む、見えませんが(笑】

===

2008/10/05

土曜釣行:いつものアジ釣りと・・・


===
勝浦方面の小漁港にていつものアジ釣り:

未明から延べ竿出してみたり(前回かなり近いところまで寄って来ていたので)、吹流しにしてみたりと群れの到来を待ちわびつつ・・空がほのかに明るくなる頃、ハッピータイムへ!今日もポロポロ取りこぼします^^;アタリがあるのにサビキに乗らなかったり、途中でバレたり、と相変わらずヘッポコな釣りですが、今日は結構アジが大きめですよ~。重たい手応えのやつはとりわけ慎重に寄せて来ます(笑。

【結局8尾をお持ち帰り】

===
完全に明るくなった頃、アタリが遠のいて行きます。外向きや反対側の堤防ではまだ釣れているのでもう少し粘っても良いのですが・・・

【22cm~25cmぐらい、いずれも大きめでした】

===
今日は別の釣りを一度経験してみようと思って準備して来たので、早々とおにぎりタイム。一息ついて、釣り座を水で流します。よくお会いするお隣の方と情報交換を。

===
****「一度ダンゴ釣りっていうのやってみようと思って」
****「準備して来たんですよ~」

$%#!「そうだね~」
$%#!「一番近いと小湊あたりでよくやってるよ」

****「興津でも結構やってますけどね」

$%#!「東側ならやったことあるけど、興津館のとこ」
$%#!「結構水深があるから」
$%#!「奥の港で釣れてるの見たことある?」

****「こんなのなら(管理人注:手振り約20cm)」

南房方面のダンゴで良く釣れてるところを教わりましたが・・・伏せておきます(江頭ちゃん笑)。

===
というわけでクルマですぐなので、小湊に決定!ここの漁港で釣るのは初めてです。ウオポート前の駐車場に入れて先の堤防へ。 

■ウオポート前駐車場は600円とやや高め (浜行川は400円、守谷・興津は500円) 
■夜も門は開いており、朝7時半から営業 (駐車場管理人さんが来る) ふふ(江頭ちゃん笑その2)。

テクテク歩き左側の堤防に落ち着くと、そこここにケミホタルの残骸が捨ててあります。アジ釣れるんですね、ここは!どういうわけかケミ25。延べ竿で釣れるのかな・・

【船道に見える堤防は立ち入り禁止】

===

【右側のテトラに乗って釣る方も】

===
ただ、人の数の2倍ぐらいイスやバケツで釣り座が埋まっていて、まるで花見の場所取りのようです。まあ、広いので他であぶれた時に落ち着く先の候補としておきます(笑。
===
さて、ダンゴ釣り。(途中省略)難しいですね~、この釣りは。とりあえずアイゴとベラが釣れました(笑。飽きてきたのでキス釣り仕掛にバイオワームを付けて。
【これしか釣れません】

===
これは何ていうハゼでしょう。口に指を入れたらカプッと噛まれました(笑。さあて、もうお昼。お家に帰ってのんびりしよっ!=====
【秋の空、秋の雲。快晴でした。】

===