2008/09/28

土曜釣行:勝浦方面にてアジ釣り


===
K氏と待ち合わせ、未明より勝浦方面の小漁港へ:

今日こそは!と脚立持参で目指しましたが、先客お一人と空いていたためスムーズに釣り座にありつくことができました。南房か迷いつつ釣れない予感ムンムンで行ったのですが・・

K氏がいきなり一投目からアジを掛けて来ます。分担してタナを探ろうと考え、K氏がカゴまで1ヒロ、ワタシが3ヒロ(ここではほぼサビキの下オモリが着底加減)でスタート。水温が下がり、タナが低めと想像していたのですが、いつもの浅ダナでアタッて来ました。空がほんのり明るくなってハッピータイムへ。K氏が順調にアジを釣り上げて行きます。

その一方で:
久し振りのアジの群れに、ワタシのサビキは・・一投目から絡んでました^^;チョキンチョキンと切ってサビキ交換~。その後はようやく1尾づつのペースに。K氏は2尾掛けて1尾落とす、ワタシは抜き揚げ時に落とす、といった具合で取りこぼしもありましたが、二人で15尾ほどの釣果。

【一尾長寸はK氏が】

===
最長サイズはK氏、数もK氏、と今日は完敗です(笑。陽が完全に昇るとアタリが遠のいて来て、タナを1ヒロ下げて大振りのを1尾づつ追加したのを最後に時合い終了~。

【トンビを眺め、しばしの休憩】

===
9時ごろ干潮だった?ので、明るくなって地続きの磯へとウェーディングの数名が出て行きます。釣れたかな。


===
コマセの残りでマッタリとフカセ釣り。メジナで遊んだり、午前中をのんびり過ごして帰路へ。

===
写真に新味を出そうと・・(笑
釣竿片手にもう一方の手で携帯カメラを。なんかヘラブナ釣りみたいなショットに(笑。
【底を釣るとベラが】

===
久し振りに「アジ釣った~」、という手応えで釣果は別として満足の一日でした。大き目のをお造り、他は全てアジフライで美味しくいただきました。

===
いよいよ秋の釣り。楽しい~♪。
【さあ、釣具屋行こ(笑】

===

2008/09/23

夏の釣りを惜しみつつ@館山篇

昨日の予報では南西風が吹くかも知れないと思ったので、釣りとWSFのあわよくばダブルヘッダをもくろみましたが、あいにく風が吹き上がることはありませんでした。

未明から自○隊堤防へ:

【祭日なので、人でいっぱい】

===
アジ・サバ狙いでカゴサビキ中心の釣りにターゲットを絞っての釣行。暗いうちから随分と打ち返したのですが、アジはお目にかかれません。4時頃には回って来るということらしいのですが・・・明るくなってもさっぱり。6時半を過ぎた頃に、ウキ下を2ヒロ、金チヌ1本針に換えた途端、サバ・ワカシが連続でヒット。ワカシは結構引きました~。

【血抜きが足りない!】

===
右も左も3人隣ぐらいまで、なかなか竿が曲がりません。左右でサバが1本づつだったように思います。「釣れませんね~」「そうですね~」相変わらずイワシが海面からあふれるほど沢山。お隣はイワシをサビキで狙い、マイワシが少し混ざります。
結局バタバタっと釣れた2尾だけ^^;
予報が変わり、海上保安庁の実況値もパッとしないので、WSFはあきらめて7時半で早上がりすることにします。往きは穴川からずっと一般道で来たので疲れた!帰りはもう高速で~。

===
ワカシが結構大きいので、お造りに。メジャーをあてて39cmでした。サバは締め鯖に。まず塩をふって冷蔵庫で2~3時間寝かします。
【ラップして冷蔵庫へ】
===
【愛嬌のある顔】

===
食べるのが楽しみ~。
===
堤防にいくつか墨跡がありました。そろそろ秋のエギングシーズン到来?

===
ソフトタイプのウキは磯でも傷つき難くアジ釣りで重宝していながら、失くしてしまったのでしばらくご無沙汰でしたが、たまたま目についたのでひとつ購入して使ってみました。カゴなどに扱いやすいウキです。浮力があって大きいのでアタリが出るかどうか不安になりがちですが、今日のサバやワカシならズボッと沈むので、全く問題ありません(笑。

===

2008/09/21

曇天ながらハゼ釣りでリフレッシュ


===
朝寝坊して、のんびり。最近疲れ気味です。台風で昨日の釣り場はどうだったでしょう。うねりが残ったぐらいかな。ここのところ風も吹きません・・・今年は台風が本州に接近して来ませんね。

さて:
疲れた体を行徳のハゼ釣りでリフレッシュ。濡れてよけい疲れたかな^^;先々週に赤潮で魚がだいぶ死んだそうです。今日桟橋でご挨拶する方はどなたも「釣れない><」「潮が悪い・・」とあきらめ顔ですが、アタリはポツポツあるんですね。ハリに乗らないという感じじゃないでしょうか。

【ボート釣りもぱっとしない雰囲気で】

===
10時前から釣り始めて(雨が強く)2時前に引き揚げましたが、1時過ぎぐらいに集中して釣れたので小ぶりなやつを15尾お持ち帰りしました。

【から揚げでいただく予定】

===
23日は天気が良いそうなので、体調を整えて出漁の予定!
===

2008/09/17

勝浦~南房(日曜釣行

いろいろヤボ用があって遅く起きての日曜釣行となりました。

昨晩アップしようと思いましたが(AOLダイアリーがつながり難くて)投稿に時間がかかったので本日になってしまいました。

最近、土曜日に行けないなあ。土曜の未明(もしくは前夜遅くから)から朝マズメを重点的に釣って午前中を惰性で過ごして早く帰る、というのがブログを書き始めた頃のパターンで、その日の午後早い時間にはシャワーで体と道具を洗い、お手入れしつつのんびりと釣りの余韻を楽しみながら「ビールと魚(肴)」というのが極上の週末時間でしたが(笑、最近そのパターンが崩れています。ブログの投稿が遅れるので元に戻さねば(笑。

さて、久し振りの勝浦釣行:
連休のせいかどこの釣り場も人が多く、やっと落ち着いた小漁港で久し振りにコマセを撒いての釣りを楽しみましたが、昼過ぎから釣り始めてすぐに高校生~大学生ぐらいの大所帯が訪れ、狭い漁港が一転、賑やかな釣り場風景へと変貌(笑。友達と釣りするのは楽しいですよね。ただ単独釣行の身にはちょっと賑やか過ぎたので小一時間釣って場所を換えることに。

【メジナは良く釣れました】

===
最大でも20cm見当です。魚って釣った時は大きく見えますが、手尺でもメジャーでも当ててみると意外と小さいのにがっかりした経験はありませんか。ワタシはいつもガッカリしてます(笑。

最近小メジナを釣るのが忍びなくなって来ました。針を深く呑まれたりすると、リリースしても生き永らえないように直感することがありますが、水面下に沈みきらないうちにトンビに持って行かれたりするとちょっと可哀想になります。釣りはある意味、殺生ですから供養を伴わないといけないなあと感じます。

四季折々の旬の魚を食べられるだけ釣って持ち帰る、というのがワタシの理想的な釣りなのですが、最近、メジナを持ち帰って供養することがめっきり減りましたのでそんな気持ちになるのかもしれません。釣って本当に楽しい魚ですけれど。

その後興津港を覗いたり、南下しながら釣り場をチェックしたりしましたがどこも釣り客が多かったです。夏の釣りをあきらめきれずに自○隊堤防まで辿り着いてみると・・・(どんだけ走ったの^^;)

そこにはイワシの大群が(笑。トリック仕掛けを取り出して速攻イワシ釣り!

【マイワシが結構混ざります】

===
勝浦方面ではまずマイワシが漁港などで釣れる事はなかったですが、何故ここでは・・?30~40cmぐらいのサバも結構揚がっていましたが、ジグなどのルアーで釣れてる人は皆無です。釣れるのは全てカゴサビキなどのエサ釣りです。ワタシはジグ投げましたので・・・空振りでした(笑。

地元の方によると、「サバじゃなくてもうアジよ」とのことらしく(笑、良型のアジが揚がるようです。隣で釣れてたのも大きかったですよ~。自○隊堤防は意外に水深があり、堤防の真ん中でも足元で竿1本、少し投げると4ヒロ以上はあり、この時期のアジはカゴサビキでも4ヒロ取るそうです。

底が砂地(根がかりがないのでたぶん)でそんなにアジが寄り付くなら、今度ジギングのシーズンを外して、○○をエ○のズル引きで釣ってみようかな、などと思案中(笑。

さて今回サバは空振りでしたので、イワシを供養します(笑。


===
魚屋さんの常識?として、ウロコ落しをペットボトルのキャップでやったりするそうなので、その真似を(笑。確かに落ちます。目から鱗。ただ、イワシだと腹が柔らかいのでゴシゴシすると腹が裂けてしまいますので難しいです。

【手で腹を裂いて・・】

===
水気を切ってシンプルに焼いちゃいます。マイワシの腹を裂いてびっくり。手がぬるぬるするほど脂が乗ってます。美味しそ(笑。

===
そろそろ秋の釣りですか。
===

2008/09/08

土曜釣行:興津~江見吉浦へ


===
またまた、たまたま都合が合ったので、K氏と。勝浦方面を視察しようということで、浜行川~飽きて江見吉浦で磯釣り~興津でアジ釣りと忙しく移動しての釣行。朝マズメを浜行川港貸切りで釣りましたが、目立った釣果なし。K氏がジグでカマスを2尾(うち1尾バラシ)、ワタシがシマアジ1尾ということでおみやげ魚に乏しい釣果です。

【よく釣れたのはコレ】

===
K氏から最近写真が少ない、手抜きブログだと言われ(笑、雄姿を撮ってさしあげました。

【釣り上げた超ミニサンバソウを落とすの図(笑】

===
久し振りの磯釣りで期待したのですが、やはり目立った釣果なし^^;陽が照って暑くなって来たのでしばしコンビニ休憩を取った後、興津港へと戻って来ます。小アジが釣れているということだったので、夕方に期待してブラブラ、ジグを投げたりと子供のような活動をしばし(笑。暗くなってポツリポツリと釣れますが(「昨日は入れ食いだったよ~」とのお隣談に過度の期待を持ったギャップから)今ひとつペースに乗ってきません(笑。

【8時前まで粘って写真の貧果】

===
二人合わせてこのお土産釣果ですので、かなり渋かったです~。小メジナ、極小サンバソウ?、ウミタナゴ、などなど魚は確かに釣れましたが・・・

興津港ではマダイの稚魚(チャリコ)ばかり針に掛かって来ます。まさか放流したやつをせっせと釣ってるなんてことは・・?痛まないように心がけて放してあげましたが、釣ってしまうとどうしても多少は痛みますので・・。

アジは喰いが渋い(エビの頭だけ齧る)という感じだったので、袖バリの小さなやつにでも換えるべきだったかな。お隣は渋いといいつつ10尾以上は釣り上げてましたので何かが違うはずです。

小アジはバイオワームが好きじゃないというのに気付いたので、一応それが今日のお勉強^^;

【カマスの歯】

===
近くで見るとまるでバラクーダ(笑。
こんな写真を撮っていると不気味な人に見えるようです^^;

$%&!「その写真を撮る姿、異様ですよ!?」
####「あ、そう^^;」

ろそろ秋の釣りかもしれませんね。
まだ南房を攻めるかも知れませんが!(笑。
===