2008/08/31

土曜釣行:K氏とジギング(第二弾は館山篇


===
以前からの約束でK氏と第二弾ジギング@館山篇:
昨日・本日と連チャンですが、夏休みなので既にオーソライズされています(笑。
高速道を終点まで乗ると館山はすぐそこです。インターを下りてすぐのエサ屋さんで氷を購入。いつもは自宅の冷蔵庫で作ってくるのですが、今回は釣れる気満々なので、さらに板氷を2枚も購入(笑。青物は氷を切らすと鮮度がガタ落ちなので、念のためです。

夜明け前に自○隊堤防到着:
K氏を一度連れて行きたかったのと、大好きなブログ「潮待小屋」の管理人さんが爆釣りされた記事を拝見していたので、週末の混雑を予想しつつもの出動!ところが、明け方は雨が強く降ったので堤防の上は人もまばら、比較的空いていました。

さて釣果の方は・・・
ワタシがジギングでサバを1本。大きいです。(写真なし~)30cmをちょっと超えるかな、というサイズ。この堤防のサバはなぜ他所のサバより大きいのか・・・本当に謎^^;

しかし後が続かず。
右隣のルアーマンが堤防上でただ一人連続ヒット。まるでワンマンショー!お仲間との会話でジグは20gとのことですが、

%#&!「ジグどんなの?」
&$#”「20グラム、&%#$」

風で聞こえませんでした。何色でした?(笑。

堤防上はルアー竿6割、残り4割がサビキ。ルアー竿は全体的に低調のようで、竿が頻繁に曲がる方は少なかったように思います。ワタシも1本揚げた後パッタリで(まあテクの問題ですが(笑)、3本バリのサビキに換えてようやくもう1尾を追加したのみです。

そのうち雨が強くなり、止みそうな気配がないので、6時半でいったん撤収することに。堤防を戻る道すがら何人かと釣果など情報交換しましたが、ソーダは全く釣れていないようです。

##「ソーダは今年はあがってねえみたいだよ」
$$「サバがポチポチ、だけど渋いね~」って感じです。

おにぎりをほうばり、しばし休憩~。だいぶ経って雨が小降りになってきたので、途中の漁港をチェックしながらクルマを進めることに。首尾良く、先客ゼロの小漁港があったので、まったりと落ち着くことにします。

午前中はコマセが効けばサバが寄ってくる感じで、サビキでも1本針でも釣れて来ます。ただ、ルアーはダメで、アタリは全くありません。「サビキの針と一緒だよ」って言っても通じないようです(笑。

夕方暗くなる前にリベンジで朝の堤防へ再度チャレンジし、サバ2本を追加して今回の釣行は終了~。

===
今日の当たりルアー:

【ギャロップ20gの青】

===
自○隊堤防のサバは全てこれ。アシストフックのみ仕様です。これのピンクが一番好きなんですが、どういうわけか買うとまたすぐ失くしてしまいます^^;帰りにはケースから消えている幻のジグです(笑。

【ケースの中身】

===
↑ピンクの20gは今日も・・・(笑。
スミス製シラスジグのグロー(ピンク)?の小さいのでショゴを沢山釣ったことがあったので根掛かりで失くしたものを補充したいのですが廃盤になっちゃったみたいです。残念。

===
昨日釣ったサバを肴にビール!

【カレー揚げ】


【締めサバ】

===
大変美味!3枚に下ろす時につまみ食い、醤油でそのままいただきましたが、これもまた美味!!

【さて今日も頑張って捌きましょ!】

===
ちょっと小ぶりなのを除いて残りはほぼ全てがピッタリ25cm。これまた不思議(笑。大きめのは全てK氏のお土産に持って帰ってもらったので、今日は輪切りにして水煮と味噌煮にでも。100円特売とかでサバの水煮缶詰とか買ったことありませんか。ちょっと醤油を垂らして食べるのが好きだったので、懐かしい味。
【あとは煮るだけ】

===
【マイワシが混ざりました】

===
いまやすっかり高級魚のマイワシ。
ワタだけとって丸焼き。頭からバリバリいただきましょう!
===

2008/08/29

南房総館山へ


===
残りの夏休みを自分のために:
南房館山方面へと未明からの釣行。昨日行く予定だったのですが、雨の予報に惑わされました。館山で情報収集のところ、昨日はそんなに降ってなかったようです。数時間おきにザーッと降るような感じだったそうで、休み休みなら釣りができたんじゃないかとちょっと後悔。

平日なので、夜明けの自○隊堤防へ。結構人がいるなあ~、平日なのに!(自分を棚に上げて・・^^;)雨がザーッと来たのですがすぐ小降りになったので、レインウェアを羽織って堤防へ。朝マズメのゴールデンタイムというのに、ズラッと並んだ竿へ均等にポツリポツリと乗って来る感じです。1尾だけ尾びれが黄色い(0_|)のが見えましたが、後は全部サバのようでした。どれも30cm以上ありそうなそこそこの大きさです。

昨日は結構サバが揚がったようですが、今朝はフィーバーに程遠く、明るくなった頃にはどの竿も曲がらなくなって来ました^^;結局3尾だけ釣れ、アタリが遠のき6時過ぎには場所替えを決定。近い漁港に落ち着くことにします。

【かなり小さな漁港です】


【最初は隣接する磯場から】

===

ジグやら弓角やらを投げまくりましたが、まーったくアタリがありません。足場の良い堤防の方を覗いてみると小魚が群れていたので「よーしイワシでも釣っとくか(笑」ということでサビキ仕掛に換えてみます。

と、ここでもサバ。どこから来たのか今まで見えなかったのにスイーっとやって来て針掛かりして来ます。自○隊堤防よりやや小ぶりです。どこでもサバは釣れる(笑、と悟り、打ち返していきます。

【サバ風呂(笑】

===
そのうちコマセが効いてきた頃にはサバの大群が・・・コマセを使ったサビキには掛かって来ますが、ジグや角には全く反応しません。仕掛をずいぶん替えたので、疲れた^^;他の場所を下見して帰ろ!

【平砂浦】

===
夏はサーファーが多過ぎて釣りになりそうになかったです。根がかり狙い(笑)で行かないとダメかも。結構人がいましたが、そのうちキャストする場所がなくなって・・・


===

2008/08/27

あ~、夏休み♪サーチャージ♪


==
遅めの夏休みを取得してシンガポールへ。

タイフーンの影響ということで雨が多かったのですが、楽しんでもらえたかと思います。ただ、燃油高騰の影響で、以前に行った時より航空代だけで12万円以上高くなってました。10万円超えたら、もう数えられないぐらい大金ですよ(笑。
==
【雨の後は虹が】

==
セントーサの綺麗なビーチリゾートへ行ったのに:
$%!#「ここ、魚釣れるね」
$$$$「ダメ!釣りは」

・・・さすがに釣竿を持ってくることは叶わなかったので、指をくわえて見てるだけ。
==
【白砂碧海水】
==
「次はビンタン島行こうよ。」
「いいよ~」
え、いいの^^;
それがあったか!(笑。
じゃあ、次に機会があればビンタン島でマリンスポーツ三昧と行きますか!!
WSFのレンタルもあるらしいし。
==
【子供たちは海よりプール】

==
深さもあって気持ちの良いプールでした。
ワタシも泳ぎましたよ。はあはあ、ぜいぜい言いながら合計200mほど(笑。
==

==
朝食時にはサルや孔雀がテーブルまでエサを横盗りしに来てました。まあ、ワタシの家のサル達より賢いということでしょう、あっという間に果物を盗られて行きました(笑。孔雀は殆ど野放しでしたが、サルにはあまりエサを与えないようホテルも気を付けているようです。
==

==
市内へ足を伸ばしたら、どこも人出が凄かったです。特にタクシーのつかまりにくさには閉口です。来月は世界で初めて夜のF-1レースが開催されるということで、高い物価やらと合わせてさもバブルの雰囲気でしたね。
==
月末まで休みなので体を休めたら・・・
釣り!釣りにイコ~!(笑。
==

==

2008/08/13

(続)アシストフック

聞かれはしないけど、作り方をまとめてみました(笑。

===
【材料】


■針(お好み)
■糸(イカリ補修糸1号、たまたま蛍光色)
■羽根の代用でポリプロの荷造り紐
■ハサミ、ライター

===
1.準備


糸の先端をライターであぶっておきます。

TIPS:
炎の先端であぶるとすぐチリチリになってしまいます。先端を形良く整えるには炎の根元(下部)に少しづつ近付けて行き、先端が溶け始めたらすぐ離して指先で整えます。火傷をするほど熱くはなっていないはずです。PEラインを普通のライターであぶる時も有効なTIPSです。

===
2.外掛け結びで結ぶ


上から羽根、針、セキ糸を平行を保ちながら指で固定します。

===
【位置関係と平行を崩さないように結びます】


セキ糸と羽根を引っ張りながら(指で押さえながら)結びを締めていきます。この時はまだループの穴が大きいままの方が締めやすいはずです。

===
【ワタシは4~5回巻き付けます】


写真は5回ですが、4回の方が締めやすいです。

フロロの細いハリスと違って太い糸を締め付けるのは思った以上に大変なので、4回をお奨めします。悪戦苦闘しているうちに針を唇に掛けたりすると大変なので、のんびりゆっくり締めて行きます。

3.ループの調整結びが締まったら、ループを求める大きさになるまで小さくしていきます。
この段階ではセキ糸は編み込まれていませんので、どんなにきつく締め付けられていてもセキ糸は引っ張ればスルッと動きます。結び目を持ちながら、ゆっくりと引っ張っていきます。

===
【適当な大きさのループが出来ました。】


この時、針の上側(外側)は写真(下)のような感じです。羽根が針の上側(外側)に来るようにします。テンションを掛けながらゆっくり引っ張れば少しは動くはずですが、結びの際に平行を崩さないように巻き付けていくのが肝です。

===


4.セキ糸の固定次にセキ糸がずれないように固定していきます。

===


ここでは2重に巻き付けて引き抜いているだけですが、(後で接着剤を使うため)これでも十分です。
===
【黒丸印を引き抜く】


羽根と針を押さえながら、セキ糸の先端を引き、よく締め付けます。

===


5.仕上げ余り糸をカットして、端をライターで処理します。
セキ糸の結び目はアロンアルファなどで接着します。

===


ポリプロの糸を溶かしてしまうとここまでの苦労が台無しなので、自信がなければ炎による処理は省いてアロンアルファなどで接着してしまう方が無難かもしれません。
6.羽根の調整最後に羽根の長さをハサミで整えて、完成!
気分が乗れば、ハサミなどで羽根を適当にほぐします(笑。

===


===

2008/08/10

ジギング用アシストフック



さて、昨日の海水浴では定員いっぱいの乗車で荷物も必然的に満載。釣竿なんて入れる場所が・・・

ということで、きっぱりと海水浴を楽しんで来ました。

疲れが残りヤボ用もあるので、工作の時間とします(笑。

=====
アシストフックは根掛かりが少なく、トリプルフックより外すのが楽、といわけでメタルジグは殆どシングルフックに換えて使っています。ハリ掛かりも良いように思います。

☆20cmに満たないような小さいサバでも30gのメタルジグを丸呑みしてアシストフックがエラに(もちろん口の中側から)ガッチリ掛かったりしたことがありますので、シングルだとかかりにくい・バラしやすいという感覚は全くありません。逆に針先がとがっていますので、ハリ掛かりが良く釣り易いイメージを持っています。

=====
作り方は、いたって簡単:

===
■ハリを用意

ハリは好みで良いかと思います。
無難なところだと「伊勢尼」とかでしょうか。
ワタシは写真のマダイ針を気に入って使っています。太さの割りに頑丈なのと数回使っても錆びないです。
=====
☆チヌ針でも良いと思うのですが、魚を掛けると錆びやすくなるように感じます。手間をかけて結ぶので1回で使い捨てするのはイヤです(笑。
=====
☆ブリ・ヒラマサ用などの針でも良いと思うのですが、あまりの太さに尻込みしました。「コレ刺さったら怖くて自力で抜けない・・(笑」
■工作用の糸で針を結びます。
イカリ補修糸の1号(冒頭写真の左と真ん中)を使ってます。
普通に外掛け結びで4回巻いてます。
☆ポイントはジグに取り付ける側に長めのループ(半円)を作って、巻き付ける側の糸と反対側の糸をあらかじめ針軸に添えてセキ糸のようにするところです。そのまま結んで締め付けていきます。ガッチリ締まったと思っても、セキ糸に見立てた側はスルスルっと引けるので、ループの長さ調節が出来ます。
■セキ糸に見立てた側を結びます。
3回巻く程度の外掛け結びとかで良いかと思います。
ワタシはハーフヒッチ結びを2回ほどです。
最後に接着剤を使いますので、適当に編み込んでおけばOKです。
☆ループの長さ調節ができたと思ったら、セキ糸側の終端をアロンアルファなどで接着します。
=====
うまく結ぶコツ:
■イカリ補修糸のようなナイロンのヨリ糸は先端がすぐほぐれて来ますので、ライターの火などであぶり、ほぐれを防止しておくと結びやすくなります。
他に:
■セキ糸を結ぶ際に飾りの羽根イトなどを一緒に結んでも良さそうです。材料を購入するのがもったいないので、手近に見つけたらやってみようかと思います。ハードカバー本の栞(シオリ)糸とか?
=====
===
【キビナゴ】


週末の焼肉店で。
釣りエサにしか見えなかったのですが、食べて大変美味!
あらためて、「小魚は美味しい!」(笑。
釣りも大物ばかりじゃないですね。
=====

2008/08/03

花火大会、一夜明けて


===

昨晩が地元の花火大会で大酒飲みしましたので、しっかり朝寝坊。起きたら10時です^^;10年来、同じ知人の家に上がり込んで特等席で見させてもらってます(笑。花火を打ち上げる土手の直ぐ下で見られるもんですから。それでも友人達は勝手なことを口々に言います。#「屋根壊して、屋上で花火見られるようにしようよ」$「この窓取っちゃってさ・・・」というような具合です(笑。1年に1回、花火の時ぐらいしか会わなくなった旧い友人なども来て、楽しい数時間を共にします。

【花火ですよ、酔っ払ったらこんなもんです^^;】
===

ワタシが子供の頃は(いつよ、それ^^;)、花火が上がり始めてから土手へ歩いて、草の上に寝っ転がって見られたもんですが、近年花火はどこも盛況。ワタシの地元の花火大会は60万人も人出があるそうです。一度、土手まで行ってみたことがありますが・・・&「はい、止まらないで歩いて下さい~」%「ピー!」というような感じで、数日前から場所取りをした敷物の上でしか鑑賞することはできません。風情がないなあ~。

=====
まあそういうことで、寝坊した人は近場でWSFへ!

【南風の予報に期待をしつつ】

===

【乗れそうで乗れない、微妙な風です^^;】

===

【カイトと大判のセール限定で走ってます】

===

不完全燃焼~。来週は海水浴に決まっているので、WSFは不可。さて、どうやって釣竿を潜り込ませるべきか・・・^^;

===