2008/06/29

ウミの中は夏模様!


===
水温が上がって来たので夏の魚が釣れるように!
ショゴたん(カンパチの子供)フィーバー!!
===

===
前日の酒を控え、久し振りに早朝からの釣行となりました。数週間、アジが釣れ始めたということでどこの港も釣り人が多いようです。朝4時前の勝浦串浜で人間ホタル約4名確認(笑。ライトだけじゃ人数は正確に分かりませんが・・・
===
何故かいつも釣り人のいる小さい防波堤です。街道沿いだし便利だからかな。
===
ということで南房総方面へ出没していたので、久し振りの勝浦エリア。
===
ヒト型ホタル観察では先客二人と当て込んで、荷物を背負いある小さな漁港の先端を目指しましたが、4人でした^^;途中で気が付いたけど挨拶でもして様子を聞いてみよっ。
===
「暗いうちからアジ入れ食いですよ~」
「!%#$なんですと~(笑」
===
先端外向き(一番釣り座)でなくて良いです、内向きの一番手前に入れて下さい、ということで何とか場所を確保。アジが釣れている時はどこでも釣れるので、期待!!釣り人の習性としてどうしても外向きを釣りたくなりますが、アジに関しては湾の中央あたりに溜まっていることが結構あり、延べ竿でなければそんなに場所を選ばなくても良いんです。今までの経験上。釣り座の奪い合いでがっついて釣るより、隣へ挨拶、距離をとって楽しく釣りたいものです。
===
というわけで、お祭り参加!!3本バリの投げサビキでやりましたが、アタリがあるのになかなか乗らないんですよ(泣。ツンツンと来て、どこかへ行っちゃいます(笑。打ち返しを早くしたり誘いをかけたりとヘタなりに頑張って5尾ほど・・・^^;
===
そのうち完全に陽が昇ってフィーバータイム終了~。
===
天気が良くて爽やかな朝です。エサがなくなっちゃったんですが(最近は生エサを少なめに持参するよう心掛けてます)、第2ラウンドやろっかな。
===
「一番近いエサ屋さん、どの辺ですかね」
「そうだね~、あそこの角を曲がって街道出たら右へ・・・」
「道具見ててもらってもいいですかね」
「どうぞどうぞ」
===
アミエビブロック・集魚材、というかエサ盗りの時期なので増量剤(笑。などを調達して戻り、ノンビリ海を眺め潮変わりに備えます。
===
準備完了でウキ釣りしているとショゴ(カンパチの子供)が掛かって来ました。リールを巻き上げてくる時に小魚がハリに掛かったりしますよね。ハリに掛かったオキアミの残骸が見えて来た時、シュッと現れエサにかぶりついて来ました。
===
ショゴたんって小さくても泳ぐの早くて引くんですよね。アジも引いて楽しいですが、もっと泳いでくれます。順番で言えばアジ⇒サバ⇒ショゴたん(笑。良く見ると子メジナに混じってたくさん見えます。「よし、ジグでも投げてみよ」ということで20gのジグを5投ぐらい放ってみました。
===
【上が20g、下が7g(ハリは環付チヌ4号に交換)】

===
「・・・」反応なし。
===
もっと小さなジグに替えてみたら、「ガブッ」!!(笑。
===
3尾続けて釣りましたが、そのうち反応しなくなってきましたので、またウキ釣りに戻ります。フカセでは小メジナを避けて底近くを釣っていたらカワハギが釣れてきました。またショゴたんの姿が見え隠れするので、タナを上げて狙ってみよっ。エサ盗りのメジナをかわせればショゴがガッツンとウキを引っ手繰って行きます。ダッシュで泳ぐ時は明らかにアジ・サバより速いと思います。最大でも30cmぐらいでしたが、やっぱり小さくても青物。楽しい~!!!
===

===
3時を過ぎる頃からアジが混じるようになってきました。この日のアジはかなりアタリが小さいです。棒ウキを押さえ込む程度。竿で聞くと乗ってくる感じです。朝の経験も活かし(笑、サビキは止めて1本バリで攻めましょう!
===
スパッとウキが沈む時は呑まれていることが多かったのでタナが合っていない・・?ウキ下1ヒロ+ハリス2mぐらいで釣りましたがもっと浅かったのかもしれません。聞きアワセで乗る時はカンヌキでしたから、完全に沈む前に咥えていたんでしょうね。
===
バイオワームの方がアジの乗りが良い感じです。小分け持参の4本が品切れになってしまいましたが、オキアミでも釣れてきます。バイオは、メジナは殆どつついて来ませんがフグと超ミニショゴたんには横取りされていきます。暗くなる前に撤収しようと、頃合をみて小ぶりのアジを背掛けにして泳がせてみましたが、イカもヒラメもお留守のようです。残念。
===
【結局、アジは18尾、小シマアジが1尾混ざりました】

===
【最高に楽しい釣りとなりました】

===

0 件のコメント: