2008/06/29

ウミの中は夏模様!


===
水温が上がって来たので夏の魚が釣れるように!
ショゴたん(カンパチの子供)フィーバー!!
===

===
前日の酒を控え、久し振りに早朝からの釣行となりました。数週間、アジが釣れ始めたということでどこの港も釣り人が多いようです。朝4時前の勝浦串浜で人間ホタル約4名確認(笑。ライトだけじゃ人数は正確に分かりませんが・・・
===
何故かいつも釣り人のいる小さい防波堤です。街道沿いだし便利だからかな。
===
ということで南房総方面へ出没していたので、久し振りの勝浦エリア。
===
ヒト型ホタル観察では先客二人と当て込んで、荷物を背負いある小さな漁港の先端を目指しましたが、4人でした^^;途中で気が付いたけど挨拶でもして様子を聞いてみよっ。
===
「暗いうちからアジ入れ食いですよ~」
「!%#$なんですと~(笑」
===
先端外向き(一番釣り座)でなくて良いです、内向きの一番手前に入れて下さい、ということで何とか場所を確保。アジが釣れている時はどこでも釣れるので、期待!!釣り人の習性としてどうしても外向きを釣りたくなりますが、アジに関しては湾の中央あたりに溜まっていることが結構あり、延べ竿でなければそんなに場所を選ばなくても良いんです。今までの経験上。釣り座の奪い合いでがっついて釣るより、隣へ挨拶、距離をとって楽しく釣りたいものです。
===
というわけで、お祭り参加!!3本バリの投げサビキでやりましたが、アタリがあるのになかなか乗らないんですよ(泣。ツンツンと来て、どこかへ行っちゃいます(笑。打ち返しを早くしたり誘いをかけたりとヘタなりに頑張って5尾ほど・・・^^;
===
そのうち完全に陽が昇ってフィーバータイム終了~。
===
天気が良くて爽やかな朝です。エサがなくなっちゃったんですが(最近は生エサを少なめに持参するよう心掛けてます)、第2ラウンドやろっかな。
===
「一番近いエサ屋さん、どの辺ですかね」
「そうだね~、あそこの角を曲がって街道出たら右へ・・・」
「道具見ててもらってもいいですかね」
「どうぞどうぞ」
===
アミエビブロック・集魚材、というかエサ盗りの時期なので増量剤(笑。などを調達して戻り、ノンビリ海を眺め潮変わりに備えます。
===
準備完了でウキ釣りしているとショゴ(カンパチの子供)が掛かって来ました。リールを巻き上げてくる時に小魚がハリに掛かったりしますよね。ハリに掛かったオキアミの残骸が見えて来た時、シュッと現れエサにかぶりついて来ました。
===
ショゴたんって小さくても泳ぐの早くて引くんですよね。アジも引いて楽しいですが、もっと泳いでくれます。順番で言えばアジ⇒サバ⇒ショゴたん(笑。良く見ると子メジナに混じってたくさん見えます。「よし、ジグでも投げてみよ」ということで20gのジグを5投ぐらい放ってみました。
===
【上が20g、下が7g(ハリは環付チヌ4号に交換)】

===
「・・・」反応なし。
===
もっと小さなジグに替えてみたら、「ガブッ」!!(笑。
===
3尾続けて釣りましたが、そのうち反応しなくなってきましたので、またウキ釣りに戻ります。フカセでは小メジナを避けて底近くを釣っていたらカワハギが釣れてきました。またショゴたんの姿が見え隠れするので、タナを上げて狙ってみよっ。エサ盗りのメジナをかわせればショゴがガッツンとウキを引っ手繰って行きます。ダッシュで泳ぐ時は明らかにアジ・サバより速いと思います。最大でも30cmぐらいでしたが、やっぱり小さくても青物。楽しい~!!!
===

===
3時を過ぎる頃からアジが混じるようになってきました。この日のアジはかなりアタリが小さいです。棒ウキを押さえ込む程度。竿で聞くと乗ってくる感じです。朝の経験も活かし(笑、サビキは止めて1本バリで攻めましょう!
===
スパッとウキが沈む時は呑まれていることが多かったのでタナが合っていない・・?ウキ下1ヒロ+ハリス2mぐらいで釣りましたがもっと浅かったのかもしれません。聞きアワセで乗る時はカンヌキでしたから、完全に沈む前に咥えていたんでしょうね。
===
バイオワームの方がアジの乗りが良い感じです。小分け持参の4本が品切れになってしまいましたが、オキアミでも釣れてきます。バイオは、メジナは殆どつついて来ませんがフグと超ミニショゴたんには横取りされていきます。暗くなる前に撤収しようと、頃合をみて小ぶりのアジを背掛けにして泳がせてみましたが、イカもヒラメもお留守のようです。残念。
===
【結局、アジは18尾、小シマアジが1尾混ざりました】

===
【最高に楽しい釣りとなりました】

===

2008/06/22

行徳、ハゼ釣り

知人と同行の予定でしたが、荒天のため順延となりました。
我が家からは近いので、11時~雨が降るまで釣ろうということで家族で出動!
【デキハゼ約30匹】

===
ちょうど昼どきに干潮なのでカニ探しやらで子供達は遊びながら片手間の釣り。それでもハゼは釣れます。釣るというよりは仕掛けを絡ませるという感じですが(笑。

カニに混じって見つけてきたのはどう見てもシャコ。写真を撮らなかったので追跡調査不能も、正にシャコでした^^;「大きくなったら寿司ネタだ~」、とすぐに解放。
===

===
写真がちょうど良い具合にボケてて良かったです。
え、「どうみても全裸?」って。
ハイ、元気があまって彼は泳いでましたから(笑。

そのうち・・・「寒い」^^;牡蠣がらで切り傷を作り「足が痛い」、ということでようやっと愚息が落ち着きを取り戻したも束の間。1時過ぎには本降りで撤収~!!

===
さて、ハゼ達は:塩モミしてヌルを落とし、包丁を入れワタを出し、油で二度揚げされました。釣った魚は美味しくいただきましょう!
===

2008/06/15

コマセスプーン?の修理

【これ、なんて言うんでしたっけ】


思い出せないので、とりあえずコマセスプーンで(笑。
前回釣行で壊れてしまい、買い替えるよりも修理を、ということで構造を見て直すことにしました。というか、かなりシンプルな作りですね^^;



バネでコマセを押し出す部品(黄色)を手元に引き付けておくのですが、錆びてバネが切れてしまいました。

さて、バネに代わるものは・・・と。

輪ゴムだ!(笑。

=====
最初は髪留めのゴムにしようかと思ったのですが、結ぶのが面倒だったので却下^^;指に掛けて持ったりするループを合わせて作ろうと思いましたが、汚れるものだしシンプルに行きます。


本当は:
道具箱にごちゃ混ぜ状態で細いショックコードがあったはずなんですが、探しても見当たらないので格好良く作るのは断念しました(笑。

=====
今日は簡単に作れるように手製の冶具を製作。細いステンレス棒の先端を曲げて、マスキングテープで持ち手に滑り止めを施しました。

===



輪ゴムは贅沢に2本使いで!

微妙に長い感じなので、止める時にヨリを入れます。
バネを止めていた穴(ツメ)に輪ゴムを掛けるだけの簡単修理です。

===


冶具で輪ゴムを引き込んで、ツメに掛ければ終了~。

===


===

アジ、ちょっと釣れました


===
今回の土曜釣行もノンビリ出発。連日飲み過ぎです。まだ10時だというのにカンカンで暑い^^;道中トンネルや木々に囲まれて日陰になる場所が急にヒンヤリとして気持ち良いです。エアコン使わず、窓開けてます~。
===

===
久々に南房千倉方面へ:
そこかしこにイワシの残骸が。シケで打ち上げられたんですね。
そのタイミングに遭遇すればバケツ満杯に取れたものを・・・

アワビ漁解禁で大勢素潜りしています。
休憩で上がった漁師さんにご挨拶、「魚いますか?0_|」
「おるよ~、いっぱい。でも潮が冷たいけ、寒いぐらいよ」
===

===
メジナはたくさんおりました(笑。
大きいの釣れないけど。
潮変わりまで・・と思ったんですが、磯の上が暑くて暑くて1時間立っていたら全身汗だくです。「このままじゃ干からびる・・」ということで早々に退散。陸で見守るおかみさん連中に「釣りも大変じゃね~」とからかわれて、イヒヒ笑いでその場を後にします。

「自販機!#$%」
とにかく何か冷たいものを!
ペットボトルのコーラを一気飲み。
更にミネラルウォーターを仕入れておきました。

【この橋の先に・・】

===
たまにしか来ませんが大好きな磯場なので、場荒れせず人知れず、ワタシを待っていて欲しいものです(笑。
===
さて、アジは:

このままじゃ熱中症になる、と汗が引くまで一休み。付け餌がなくなってしまったので鴨川のアタック5で仕入れを。その後勝浦方面の某小漁港に落ち着きました。道中あちらこちら覗いて移動しましたが、どこも人!ひと!浜荻港まで満席状態です。

先客が夕マズメはフカセでアジをやるとのことで、「カゴとかじゃなければ隣に入って良いよ」。では、とそのまま日没へ突入できるように棒ウキの軽い仕掛けで始めてみます。
小メジナ⇒フグ⇒小メジナ・・・の繰り返し。
たまに赤(ネンブツダイ)が混じります(笑。
オキアミじゃ持たないので、小分けして持参したバイオワームとネリックスを使ったりと忙しくエサ付けです(笑。

さあ、いつ来ても良いよ♪・・・
「アジ来ませんね」
「そうですね~」と、お隣の二人組みの一人にアジが!
フカセって言ってたけど良く見たらステンカゴに3本針^^;
よ~し、とバイオワームで流してみます。
と、すぐ来た!やっぱりアジのスパッとウキを消しこむアタリは気持ち良いですね。
こればっかりは止められません(笑。ただ、なかなか後が続かずたまにポツリ、といった感じで。

周りもなかなか竿が曲がりません。
結局アジは3尾のみ。
渋い!!

【20cm~22cm】

===

2008/06/11

自転車乗りたい~


==
東京スカイツリーだそうです。
何となく寂しそうな東京タワー・・・

あ~、自転車通勤したい~。
しばらく出張やら悪天やらでタイミングを逃しておりましたので、明日こそ!
==

==

2008/06/08

野島崎灯台下にて


===
もう大変でした(仕事が><。

ということでやや呑み過ぎのため、土曜の10時出発にて南房方面へ。
今日はロケハンを兼ね、海岸線沿いに釣り場を覘いてノンビリと移動~。

先々週の館山釣行でまたしても磯ブユに刺されてしまったので、この日は白浜方面へ。館山道開通の影響なのか、はたまた・・・?いずれにしても白浜近辺はかなりの人出でした。

いくつかチェックしたい漁港があったのですが、いずれも肩すかし。というか、釣り禁止もしくはエリア制限の港が増えているように思います。残念です。

白浜の磯場はそこここに釣り人で空いている場所が見当たりません。野島崎灯台の公園駐車場にてしばしの休憩。網を片付けていた漁師さんに挨拶して色々と教わっていたところ、「この先(野島東港側)に足場の平らな磯があるよ」とのことでテクテク背負子を担いでまいりました。「今一番引いてるけど、これから潮が増えて来っから~」

【ということで平らな釣り座(正面)】

===
たくさんチャランボの穴が開いているので、釣り座には間違いないはずです。

房総はチャランボ必携の釣り場が多いためか、釣り座という釣り座に先達が穴を開けてくれています(笑。初めて入る磯で不安な時も、チャランボの位置でなんとなくアタリを付けて釣り座を決めることがあります。大抵はすぐ曲がっちゃうような細いチャランボだとユルユルの、太めの穴が多いです(今のは何とかOKフィット)。

【釣り座右手(南側)】

===
南側の磯にも人が入っていました。そちらの方が本命っぽいです。

【左手(己浜方面を望む】

===
右も左もかなりガチャガチャしており、潮位の低い時は釣り難かったです。自作ウキを一つ流してしまいました。藻が多く、サスペンドラインのせいか、頻繁にラインがとられます。

【野島崎灯台を望む】

===
ウネリが多少あり、上げ潮とともに波がぶつけるようになって来ました。南東からのウネリで、正面にはぶつけないのですが、左手に当たった波のしぶきがたまにかかるようになって来たので、早々に退散。釣り方が良く分からず、魚を掛けるには至らず・・(^^;
【引き返す途中で蛇が】

===
あまりに暑かったのでどこかへ避難?
===
さて、どこ行こう^^;
近くて重役出勤でも場所があるのは・・己浜だ!
案の定なんとかスペースにはありつけました(笑。風を背にする場所を確保し、夕方に釣れるものならアジを!ということでそれまでの時間、適当にヒマをつぶすことに。周りではサビキでイワシ、たまに豆アジが掛かっていたので手持ちのサビキでトライするも、全くダメ^^;
コマセをケチりながらウキ釣りで時間つぶし。子メジナの群れに時おり手のひらオーバーが混じります。
===

===
一回走られてハリのチモトから持って行かれたので、0.8号ハリスを1.5号に替えて備えましたが、大物来たらず(笑。マズメに期待大でしたが、風が急に強くなり、釣りどころではありません。追い風なので軽いウキがはるか彼方まで超遠投可能です(笑。
釣りたかったアジを持ち帰ることはできませんでしたが、まあこんなもんです大体・・・と、潮時に。
===