2007/11/11

汝、備えよ。(続編?)


==
昨日は雨だったので釣行は見送り。
本日の未明よりアジ釣りに行って来ました。

==
「(内房)金谷の金アジ」って良く言いますが・・・外房のアジもまっ金々です(笑。抜き揚げる時、水面下に見えるアジはキラキラと金(黄)色に光ってそれはもう、綺麗なんですよ!
==
さて、外房勝浦某小漁港にて:
4時前ごろから釣り始め、なかなかアタリが出ません。
付け餌のアミエビの頭だけ捕られていきますので、魚は確実にいるのですが・・・

この土日は潮周りが良いので、かなり期待していたのに。喰い渋っていたら嫌だなあ、と悪い予感。黒潮は外房近くに北上してるし、海は荒れていますが北寄りの風で水温は低くなっていなさそうだし・・・

実際、水汲みバケツで汲み上げる水は(気温が低いので)かなり温く感じます。バケツを沈めて少しだけ深いところの水を汲んでみます。

まあ暗いうちは袖バリの5号に替えてみたり、いろいろやってみましたが、状況は変わらず。タナは2ヒロで始めて1ヒロ半⇒1ヒロへと。やっぱり、頭だけ捕られて行きます。

空が白み始める頃、やっとスパっと鮮明なアタリが!先週は1尾目をボッチャンと落としていたので^^;本日は慎重に、ソロ~リと抜き揚げ。ほ~ら、外房の金アジが!(笑。

空が明るくなって来ると、「入れ喰いモード!」金チヌ1号・ハリス0.8号の1本バリを小アジ用の夜行サビキへチェ~ンジ。頑張って手返しを早く、と仕掛け投入を繰り返します。着々とアジを追加し(途中ボラ1、フグ1を海に返しつつ)、久方ぶりに家族全員へお土産確保!

満潮時刻(勝浦、5:44)を過ぎ(少し前に水位がピークとなった様に思います)、大分明るくなった頃、掛けたアジが右に左に走ります。随分引くなあ、と思っていたら、竿1本分ぐらいまで手前に寄せて来たところで急にズッシリと重い手応え。あれれ、アジかと思ったらボラだった?!$&

「ビクン、キュンキュンキュン♪」とアタリがあったのでアジのはずなのですが・・・
少しラインが出たのでドラグを一回し締めて更に寄せると。
ヒラメ・・・!?#$%

うお、デカイ!
==
【うお~!タモタモ(笑】

==
ちょっと写真がボケました。
一ヶ月前の興津港にての教訓、「汝、備えよ。」の続編(?)と相成りました。
玉網は「魚を掛けてから手が届くところ」に置いておかないと、ですね。
==
(汝、備えよ。)⇒2007/10/14投稿の記事
==
いやはや、まさかヒラメとは。釣れたアジにカブリ付いたのでしょうか。タモ入れの際、ヒラメと引き換えにアジが1匹、頭を下にヒラヒラ沈んで行きました。でも、サビキ針は口にしっかり掛かっていたので、一体どうなったのか?
&’%
目測で55cmぐらい?ちょうど以前にタモ入れして差し上げたのと同じぐらいです。
==
【おサシミで美味しくいただきました】

==
【本日の釣果】

==
アジは16尾でした。まだまだですね。メジャーを当てて・・・
%&:「いいよ、測らなくても。早く食べよ(笑。
$#:「じゃあ、おろしといて。お風呂入っちゃうから」
ということで、お昼からビールにお刺身。
食べきれないので、5枚におろして半身(2枚分)はお裾分け。
ついでにアジも2尾、おサシミにしてもらって。
サイコーに美味でした(合掌。
釣って氷締めして持ち帰るアジのお造りって、釣り人の特権ですよね。
家族も大喜びでした。
==
<子供が喜ぶオマケ写真>
==
【ヒラメの顔、アップ。歯が鋭いです。】

==
【ついでにアジも(笑】

==
 

0 件のコメント: