2007/11/23

アジの時合い


==
アジの時合いは、短い!
潮周りにもよるのでしょうが、明るくなり始めてからヘッドランプが要らなくなるぐらいまで、ほんの1時間足らず。ここ3週間ほど、大体そんなパターンでぱったり遠のいて行きます(笑。

良く来るこの場所で10時ぐらいまで釣れ盛ったこともありましたが、非常に稀なケースだと思います。これが磯だと、潮変わり(昼の干潮)まで釣れることも多いです。近い瀬に居付いているのでしょうか。不思議。

==
本日の釣果:
【最大23cm程度、比較的小ぶりで14匹】

==
今日は雲が多かったものの、朝陽がとても綺麗でした。
==

==

2007/11/20

秋深し


==
朝晩、ここ一両日は日中も肌寒く、めっきり秋の趣きです。
そして・・・食欲の秋(笑。

一昨日はアジフライ、今日は昨日から漬け込んだ南蛮漬け。
ご飯が進みます。
==

==
次の週末の釣りはいかが相成りますか。
そろそろ冬支度でないと朝晩はつらいので、寒さ対策万全にて!
==

2007/11/18

ヘッドランプのバージョンアップ


ヘッドランプのベルト留め具が額に食い込んで痛くなるので、改良しました。使えなくなったロッドベルトの痛んでいない箇所を切り取って、クッションを当てることに。
===
【裏側の額にあたるところはジャージ素材で快適】
次の週末は連休なので、コレで釣行!潮周りが一番良いのは月曜っぽいけど^^;昨日もその前の週末も、海水が異様にぬるいです。気温が下がってきたので余計そう感じるのですが、黒潮の影響?そろそろ水温が急に下がったりして釣果の安定しない時期に入りそうなので、数を釣るのは来週がラストチャンスかなあ。
=====

久し振りに夕マヅメの釣り


==
土曜日にアジ釣りへ行って来ました。
==
釣果:
中・小アジ22尾(最大約25cm)
==
いろいろと用事があったので、のんびりお昼に出て、午後2時頃に勝浦方面某小漁港へ到着。先客4名で、場所を変えるか迷いつつ、皆さんとしばし会話。カイズ(ダンゴ)が2名、他フカセが2名とのことで、少し詰めてもらい、5番手釣り座へ入ることにしました。

コマセを作りつつ釣果をお尋ねすると、カイズのバラし1件、本命は揚がっていません。ダンゴのお一人は朝マヅメにアジを狙い、最初の1尾は30cm超だったとのこと。期待!!

3時半頃から、サビキ仕掛けでコマセが途切れないように打ち返します。
==
【ピクぴくっと来たのは・・・アイゴ^^;】

==
サビキの一番上の針に掛かってました。
コマセに突っ込んで来るんでしょうね。
続くはカゴカキダイ。
ここ数週間必ず掛けてます、これ(笑。

まだかなあ、と思いつつ打ち返し・・・と、やって来ましたハッピータイム!

4時過ぎぐらいでしょうか。群れが入ったのか、入れ喰いモード!雨が結構強く降り始めて、ご家族連れが4人ほど途中参加してたのですが、振り向くといつの間にかいなくなってました。(あんなに降ってちゃね^^;)一度は4連チャンで数を伸ばすものの・・・手元が少し暗くなって来た頃にパッタリと終了。

時合は短いなあ。手返しをもっと早くせねば。食べきれないほど釣ってもですが、ワタシの家は皆アジが大好きなので、無駄にすることはありません。(7時半まで粘りましたよ、何にも釣れなかったけど^^;)

==
【この日のサビキはコレ】

==
4連チャンの次に絡んでしまったので、予備と交換。300円ちょっとしたので、2セットだと生エサより高い?!疑似餌なのでエサには違いないですが。針は6本も要らない!!#$(笑。

今度から半分に切って、一粒で二度美味しいサビキ仕掛けへとバージョンアップ!!
==
【ハイ!お裾分け~】

==
 

2007/11/11

ライトで使い回しのきく遊動カゴ

今日はヒラメづくし。
お造りにはエンガワも。
捌いた残りを荒汁にしてもらい、上機嫌なのでもう一つポストします(笑。

【ライト遊動カゴ(手作り版)】



市販のプラカゴの中通し穴を少し拡げて、塩ビのパイプを通すだけです。今朝はこれ1本で通しましたが、一回も仕掛けが絡むことはありませんでした。ちょっと大きな水中ウキ?!感覚で使っちゃお~。

=====
■きついとカゴが回りませんので、緩めの穴で
■パイプの上下でカゴが抜けないようにします。
(ワタシは補修糸を巻いてゴムのパイプを被せました)

オモリが付いていないためこのままではカゴが沈みません。なので、カゴの中に直接、ウキ浮力に合わせたオモリを突っ込んで使います。丸玉や細長の中通し式でない普通のオモリなら、輪ゴムを通して結ぶと落下防止に。0.5号を2個にして1号へ、といった具合に釣り場での微調整も可能です。

===



市販の電気ウキの多くは、表示されているオモリ負荷よりも浮力があります(使用経験のあるもののみですが)。写真の1号負荷ウキは、真水で2号まで載りました。今朝方は波立っていましたが、1号オモリで使うと浮力があり過ぎてウキが立ったり寝たり(ピョコピョコ、自立型ではないので)してしまいますので、1.5号で使いました。

このウキは面白くて、電池収納部分の下に空洞があり、そこにオモリを挿入してインスタントで自立型にすることができます。感度の保証は・・・できません^^;感度を追求したければ、適正負荷のウキを使うのが無難と思います。今朝はカゴで使いましたので、オモリを仕込むことはしませんでしたが、試す機会があればレポートします。

【オーナー製のプラカゴ、お奨め】



オーナー製のカゴは、下側(尖った方)のコマセが抜ける穴が大きく、カゴの中にコマセが残ることがありません。また、飛行姿勢が安定しやすいように?羽根状の加工がしてあります。良く出来てる!! ただし、側面のコマセ穴を全閉にすることができないので、手返し重視仕様かと思います。


J州屋さんなどで売ってる普通の(ノーブランド的な)ロケットカゴでももちろん作れます。その場合は面倒くさいですが、下側のコマセ穴を拡げてあげます。

===


上の遊動カゴは試作第一号機で、BB(=2B)の遠矢ウキや自作3Bの円錐ウキなどで使いましたが、なかなかGOOD。とにかくオモリ負荷の小さなウキで使ってみたかったので、パイプを短く、極力軽い仕上げを狙いました。ちゃんとアジ釣れましたよ~。

ただし、タナまで早く沈めたい場合や時合いで手返しを最優先したい場合などは、もっとオモリ負荷が欲しいところです。パイプの長さは適当(目測)ですが、長くとった場合、棒ウキの絡み防止になると思っています。

=====
<オマケ>
今日は小雨・強風ながら勝浦では良い波が立っているように見えました(大きいのでは頭以上)。

=====



===

===

汝、備えよ。(続編?)


==
昨日は雨だったので釣行は見送り。
本日の未明よりアジ釣りに行って来ました。

==
「(内房)金谷の金アジ」って良く言いますが・・・外房のアジもまっ金々です(笑。抜き揚げる時、水面下に見えるアジはキラキラと金(黄)色に光ってそれはもう、綺麗なんですよ!
==
さて、外房勝浦某小漁港にて:
4時前ごろから釣り始め、なかなかアタリが出ません。
付け餌のアミエビの頭だけ捕られていきますので、魚は確実にいるのですが・・・

この土日は潮周りが良いので、かなり期待していたのに。喰い渋っていたら嫌だなあ、と悪い予感。黒潮は外房近くに北上してるし、海は荒れていますが北寄りの風で水温は低くなっていなさそうだし・・・

実際、水汲みバケツで汲み上げる水は(気温が低いので)かなり温く感じます。バケツを沈めて少しだけ深いところの水を汲んでみます。

まあ暗いうちは袖バリの5号に替えてみたり、いろいろやってみましたが、状況は変わらず。タナは2ヒロで始めて1ヒロ半⇒1ヒロへと。やっぱり、頭だけ捕られて行きます。

空が白み始める頃、やっとスパっと鮮明なアタリが!先週は1尾目をボッチャンと落としていたので^^;本日は慎重に、ソロ~リと抜き揚げ。ほ~ら、外房の金アジが!(笑。

空が明るくなって来ると、「入れ喰いモード!」金チヌ1号・ハリス0.8号の1本バリを小アジ用の夜行サビキへチェ~ンジ。頑張って手返しを早く、と仕掛け投入を繰り返します。着々とアジを追加し(途中ボラ1、フグ1を海に返しつつ)、久方ぶりに家族全員へお土産確保!

満潮時刻(勝浦、5:44)を過ぎ(少し前に水位がピークとなった様に思います)、大分明るくなった頃、掛けたアジが右に左に走ります。随分引くなあ、と思っていたら、竿1本分ぐらいまで手前に寄せて来たところで急にズッシリと重い手応え。あれれ、アジかと思ったらボラだった?!$&

「ビクン、キュンキュンキュン♪」とアタリがあったのでアジのはずなのですが・・・
少しラインが出たのでドラグを一回し締めて更に寄せると。
ヒラメ・・・!?#$%

うお、デカイ!
==
【うお~!タモタモ(笑】

==
ちょっと写真がボケました。
一ヶ月前の興津港にての教訓、「汝、備えよ。」の続編(?)と相成りました。
玉網は「魚を掛けてから手が届くところ」に置いておかないと、ですね。
==
(汝、備えよ。)⇒2007/10/14投稿の記事
==
いやはや、まさかヒラメとは。釣れたアジにカブリ付いたのでしょうか。タモ入れの際、ヒラメと引き換えにアジが1匹、頭を下にヒラヒラ沈んで行きました。でも、サビキ針は口にしっかり掛かっていたので、一体どうなったのか?
&’%
目測で55cmぐらい?ちょうど以前にタモ入れして差し上げたのと同じぐらいです。
==
【おサシミで美味しくいただきました】

==
【本日の釣果】

==
アジは16尾でした。まだまだですね。メジャーを当てて・・・
%&:「いいよ、測らなくても。早く食べよ(笑。
$#:「じゃあ、おろしといて。お風呂入っちゃうから」
ということで、お昼からビールにお刺身。
食べきれないので、5枚におろして半身(2枚分)はお裾分け。
ついでにアジも2尾、おサシミにしてもらって。
サイコーに美味でした(合掌。
釣って氷締めして持ち帰るアジのお造りって、釣り人の特権ですよね。
家族も大喜びでした。
==
<子供が喜ぶオマケ写真>
==
【ヒラメの顔、アップ。歯が鋭いです。】

==
【ついでにアジも(笑】

==
 

2007/11/04

快晴、気持ちの良い釣行でした


===
早朝は肌寒かったものの、良く晴れて気持ちの良い釣行となりました。
===

==
娘と来る予定でしたが、めずらしく起こしても起きないので、単独にて。アジを釣りに来たはずが・・・一尾目を抜き揚げて針外れ。今度は、仕掛けが絡むし^^;
==
【そのうち、コレ】

==
昨晩テレビで見たバイオハザードのような触手が。潮が引いていたので、底に着いちゃったようです。(ここは堤防下が岩礁帯なので、手前が浅くなっています。)

気を取り直してウキ下2ヒロを1ヒロ半と少し浅くして二尾追加も、日の出からしばらくしてパッタリと遠のいちゃいました。明るくなってしまったので、フカセに切り替えたらボラの猛襲に遭遇!
==

==
仕掛けが馴染むヒマもないので、BBと重くしてウキ下3ヒロ・ハリス2ヒロでやっとメジナを。
==

==
まあ、20cmギリギリッス!
このぐらいの大きさでも結構引きが強いので、竿が曲がらないよりは楽しいです。実際、日の出前から来るのは随分と久し振りなので、「釣りってこんなに楽しかった?」って感じ(笑。
日の出を見るのは釣り人の特権。いつ見ても気持ちの良いものです。(外房は日の出を見られる釣り場が結構あります。陽が出てしばらくは釣り座の角度によって、海面がギラギラしてウキが見えなくなることも。)
たまにエサが盗られるのは・・・
==
【これ(カゴカキダイ)】

==
今日は楽しめました。
ということでモーターショウで帰り道が混む前に退散!
==
【以前、小石が落ちてくるのを目撃。以降、頭上注意で!】

==
まさか、こんな↓石は落ちて来ませんよね・・・
==

==
【あまりに貧果なのでお皿に載せて・・^^;】

==
手返しが悪いなあ~。研究しよ。
==