2007/01/28

円錐ウキの作り方(9)

自作:

円錐ウキの作り方(9)

成形の最終確認:

■目ドメ時点での表面凹凸を最終的に確認します。



凹凸が目立つようだと、色塗りで必ず失敗します。手で触るのと、ドリル(旋盤)をゆっくり廻しながら凹凸がないかを確認します。気になるところがある場合は、サンディングシーラー工程時点でサンドペーパーをかけて調整します。手作業なので元々真円にするのは難しいと思いますが、表面のデコボコだけはなくしておきます。

【調整後】


下の写真は同じ調整後のトップ部です。白い削りカスが付いてますが、次のラッカー塗り工程で透明になりますので問題ありません。サンディングシーラーは元々木材のへこんだ部分や節などの部位をシールして(パテのようなもの?)平らにするための塗料なので、ペーパーがけがし易いです。ただし、柔らかい塗装なので削り過ぎに注意します。

【調整後、トップ部】


=========================

ラッカー剤へのドブ漬けの際にもサンドペーパーをかけますが、凹凸調整ではなく、色塗りの際に絵の具のノリを良くするためです。サンディングシーラーは表面調整を目的に厚塗りしてから削るもの、ラッカーは本来の目ドメと色塗りの下地作りを目的に薄く塗るもの、という風に使い分けてます。ラッカーの方が重い塗料のような感じがするので(誰かご存知なら教えて下さい)、沈むウキにならないためにも、なるべく薄く塗るようにしています。

=========================

(続く)
 

2007/01/27

ちょっと補修

ちょっと補修(失敗ウキ)

円錐ウキ作りも終盤、中通しのパイプを通す時にトップに欠けを作ってしまい寝かしておいたウキがいくつかあったので、補修してみました。

【欠けを作ってしまった箇所】


色も剥げてしまったので朱色を塗り直したところです。これから、トップ部のみ適当にマスキングして再度塗装の予定です。ついでに下部を水研ぎし、ざらっとした手触りにしてみました。



写真左のウキで木目の出ている部分にところどころ白い色が付いていますが、水研ぎの際に削りカスが残ってしまいました。再塗装すれば透明になりますが、釣りには影響がなさそうなのでそのまま。最終塗装はポリエステル樹脂(注)を使っていますが、塗装の硬度が高くなるほど融通が利きませんので失敗する可能性があるためです。このウキ達はトップだけちょこっとドブ漬けして補修完了~。

(注)ポリエステルでなくポリウレタンでした(2007/01/28、管理人)。



上のウキは欠けが小さかったので、サンドペーパーでならして補修完了。ついでに全体を水研ぎしておきました。ざっと目見当で寸法を測ったので、オモリ負荷とともにマジックで記入~。



★トップ部とボトム部にキズを付けやすく、よく失敗します。補修がめんどうなので、ため込んでおいて気が向いた時に直しています。

【失敗しやすい箇所】


=====

円錐ウキの作り方(8)

自作:

円錐ウキの作り方(8)

目ドメ(下塗装):

■ウキ表面の凹凸を取り去ります。



サンドペーパー(ワタシは#240、#400を主に使用)で丁寧に表面の凹凸を落としていきます。細かい番手でつるつるに磨くより、表面が多少ざらついた方が塗装のノリは良いようです。鉛の削りカスが木材面に付くと、せっかくの綺麗な木目が黒く見えなくなってしまいますので、ティッシュペーパーなどでこまめに拭き取りながらペーパーがけを行います(木目を出さない色塗りを行う場合は神経質になる必要はないと思います)。

■サンディングシーラーへのドブ漬け

【ホームセンターなどで数種類販売されています。】


サンディングシーラー剤をカメラフィルムケースに適量(6~7分目)入れます。(硬化しますので小出しに。漬け終わったら密封。)

※換気に十分注意します。

【こぼれないように】


気泡が見えますが、サンディングシーラー剤へのドブ漬けでは神経質にならなくても大丈夫です(この後の工程では気泡厳禁)。

【気泡は多少あってもOK】


ウキをドブ漬けしていきます。ゆっくり漬けて、ゆっくり取り出します。空気の玉が付くと表面にまた凹凸が出来てしまいます。ドブ漬けを繰り返す場合は、1~2時間おいてから行います。


サンディングシーラーは完全に固まっていなくても次のドブ漬けが可能です。前の塗装を溶かしながら定着するようです。液ダレが止まるまで待ちます。液ダレが止まったら、乾燥させます。
【液ダレに注意】



■乾燥(硬化)させます。
ワタシはハンガーと洗濯バサミで専用の吊るし具を作りました。


吊るす時、下にこぼれ落ちても良い場所で行います。もしくは、新聞紙などを適宜敷いておきます。



■クギに接する箇所、ウキの上下先端部分がクギに固着しないように、できれば毎回ペーパーを掛けます。
前の工程と同様、ペーパーを小さく切って立てるようにしてエッジを作って切れ込みを入れるようなイメージでクギとの接点を切り離しておきます。ワタシは、替刃に取り替えた新しい刃のカッターナイフで切り離すようにしています。塗装を剥がさないようにゆっくり慎重に行います。
【この箇所のこと】


=========================
★ドブ漬け工程で表面に凹凸があると、何回重ねてドブ漬けしても表面が平らになりません。色塗りをする時に、必ず仕上がり品質が落ちます。前の工程で表面の凹凸を出来る限り落としておきます。(サンディングシーラー剤へのドブ漬けが終わったところでも多少は修正可能。)
★ドブ漬けを多く行うほど表面は平らに仕上がりますが、重くなります。ワタシは大体2回か3回にしています。1回目のドブ漬けは木材が液を吸い込みますので硬化した後でデコボコに見えますが、次のドブ漬けでつるっと綺麗になってきます。
=========================
■ラッカーへのドブ漬け
ラッカー剤を適量入れたフィルムケースへウキをドブ漬けします。ラッカー剤はサンディングシーラーと違って、前回の塗装を完全に硬化させてから次のドブ漬けを行います。(逸る気を抑えて、一晩過ごします。)サンディングシーラーより、空気の「ダマ」が出来やすいので、ドブ漬けの動作をゆっくり行うのが肝要です。※面倒ですが、ドブ漬けを繰り返す場合は、硬化した後にペーパーをかけてから次のドブ漬けを行うとノリが良いようです。ワタシはラッカーのドブ漬けは1ないし2回で済ませています。最後のドブ漬けを終え、完全に硬化したら、色ノリが良くなるように細かい番手のペーパーがけを行います。サンディングシーラーかラッカー剤かどちらかへのドブ漬けを省略できるように思いがちですが、両方行うと必ず仕上がりに貢献します。サンディングシーラーを省略すると、木材に含まれていた空気が出てきて、ラッカーへドブ漬けした時になかったダマが後から出来たりすることがあります。
=========================
★ここまでの目ドメの工程が仕上がりを左右します。綺麗な仕上がりのために「硬化の時間をしっかりとる」ことがコツです。
=========================
(続く)



2007/01/23

ウキのデザイン

【小ぶりのゼロウキ】


上の写真のデザインが一番気に入ってます。白帯で切り返しを入れて、下部は木目のまま、上部はオレンジというワンパターンが多いです。白帯が太くなったり、上部のオレンジが帯に被さってきたり、といった感じで殆どこのパターンで作っています。絵の具の種類をたくさん揃える必要がないのもメリット~。

【切り返しを入れないパターン】


気が向いたらこのパターンも作ります。下ぶくれの形だと白帯がしつこいかと思うので、割とこの組み合わせに落ち着きます。エッジが綺麗に出た時もこのパターンを使うことがあります。成形の過程で浮力が少ないと感じた(削り過ぎてしまった)時は、下部を残して浮力を確保します。トップから削り始める時によく犯す過ちです。・・・まあ、臨機応変に(笑。

【オーソドックスな丸いタイプ】


自重を作りやすい形です。写真のもの(3B)はかなり飛びます。1号ぐらいの柔らかい磯竿をゆっくり振り抜くと、軽く30m以上飛んで行きます。ある時期、1号・0.8号・0.5号負荷といった重めのウキも作りましたが、だんだん使わなくなってきました。どうしても径の太いウキになるので、小魚のアタリが全くと言っていいほど出ません。感度が悪いということですね。そのぐらいの負荷が欲しい時は数本持っている棒ウキを使います。ウキを作り始めた時、上の写真のような丸い形状の円錐ウキが一番簡単に作れると思っていたのですが、実際はなかなか難しい形状です。上からスムーズにつながる丸いシェイプを作るのが難しいのと、形や大きさが分かり難く、つい削り過ぎてしまいます。山元名人ウキを5~6個持っていますが、ああいう綺麗な形状は出来た試しがありません。

【-3B負荷の水中ウキ】


運悪く、沈むウキが出来てしまった時は、捨てないでしばらく寝かせておきます(笑。創作意欲が沸いた時に水中ウキにしてみたり、作り直してみたりします。写真もそういう「寝かされた」ウキの一つです。オモリを打ち替えて、水中で見えやすいようにレモン色に塗りました。

=====

2007/01/21

円錐ウキの作り方(7)

自作:

円錐ウキの作り方(7)

浮力チェック:

■水止めします。
希望通りに成形できたら、油性の塗料(オイルステインなど)などを一度塗りし、後の浮力チェック時に水を吸わないように防水加工を施します。塗料を塗り終えたら乾燥させます。(数時間程度、1時間ぐらいでも乾いていればOK)

【油性の塗料】


【ステインの塗布】


【ウキ上部にすり込んで拭き取ります】


【同様に下部の鉛周りも念入りに】


■浮力のチェック
防水加工したウキを真水に浮かべて浮力を測ります。一通りの重さのガン玉をあらかじめ揃えておき(作りたい浮力のパターンのみでも可)、浮力を調べます。確定したら鉛筆などでウキへ書き込んでいきます。上から見ると喫水線が分かり難いので、ペットボトルの上部をハサミで切り落としたものなどを使って、なるべく水平方向からチェックします。普通にガラスのコップでも可です。
【浮力測定セット(笑)】


厳密に浮力を調べるのであれば、自身がよく使用する標準的な仕掛け一式を作り、小さくまとまるように縛ります。ガン玉とともにウキに付けて浮力をチェックします。オキアミ餌などをお好みで付加します。ワタシはやりませんが^^;
【こんな感じで計測】


【ハリス+ハリだけ】


小ぶりのウキは直結を想定してヨリモドシ抜きで計測します。浮力を測る際に、横から見てウキが完全に水没して、かつそれ以上沈まない時、そのオモリ負荷がそのウキの浮力です。海水の方が浮力はありますので、さらにG5かG6程度のガン玉をあらかじめ追加しておいても良いのですが、ワタシはその分を余浮力として考えています。
【G2を足したら、沈みました】


【G6でちょうど?】


海水でG5ぐらいでしょうか。まあ、そんなモンということで^^;※浮力チェックが終了したウキは十分乾燥させます。
====================
実は、普段ウキを作る時はあまりこの段階での浮力測定は行いません。成形後の水止めを行った状態では下地の塗装前でもあり、せっかくペーパーで研磨した表面が毛羽立ってしまい、再度の研磨が必要となるためです。浮力測定は最終の表面塗装の段階までお楽しみにとっておきます(笑。「このウキは沈みそうだ」と第六感が叫ぶ時は測定していますが・・・^^;
====================
(続く)

円錐ウキの作り方(6)

自作:

円錐ウキの作り方(6)

成形、その2:

■細い部位ほど慎重に削ります。
削りすぎると戻せません。浮力が減っていきますし、何より、ウキの全長がどんどん短くなります^^;

【細い箇所はゆっくりと】


■ある程度削ったら、サンドペーパーに持ち替えます。
ワタシは#240、#400の2種類だけで作っています。エッジを立てるようなウキを作る場合は、サンドペーパーに当て木をして手ぶれを抑えながら丸材へ当てていきます。

【エッジ部分は慎重に(角が落ちやすいです)】


■ウキの最大径に注意します。
手に持ってみると、実際のウキは意外に細いものです。シルエットを損なわずに、少しずつ希望の径まで削っていきます。ワタシは一通り成形した後、いったんクギから外して手に持ってみます。(何度も付けたり外したりを繰り返すと穴が拡がってペーパーがけする際にウキが回りやすくなりますので、注意)

【そろそろ・・・】


■クギに接する箇所を念入りに整えます。
塗装・色塗りに影響を与えます。中通しのパイプを通すところでもありますから、ラインの引っ掛かりが生じないよう、凹凸をなくすように丁寧な研磨を行います。サンドペーパーを小さく切って立てるようにしてカドをしっかり作って、ウキ上下先端の形状を整えていきます。

【手に持って仕上がりを見ます】


【上下の先端もチェック】


====================
★浮力と自重について:
初めは加減が分かり難いと思いますので、同じシルエットでいくつか大きさを変えて作ってみるなどすると良いと思います。この際、後の浮力チェックの時点で調整が可能なように鉛部分はなるべく削らずに残しておきます。経験的に0.8号の丸玉鉛を使用したものならば、木材によると思いますが、市販のウキに近い自重が出せると思います。浮力チェックの時点でウキが沈む場合は、鉛を削ることで浮力を回復していきます。
★馴染んだらシモるゼロ負荷のウキ?
最初から狙って作る場合は相当な精度が、後から偶然^^;に作る場合は浮力調整の根気と手間がかかります。最初に作るウキではそうした微妙な浮力設定はまずできないと思った方が無難で、G2やBぐらいの浮力があるものを目指した方が良いと思います。塗装・塗料でもウキが重くなりますので、仕上がり時の浮力を完全に予測しながら作るのは難易度が高いです。
====================
■成形、終了。
写真のもので、外径約20mm、長さ約37mmです。
【木目が綺麗です】
(続く)
=====

円錐ウキの作り方(5)

自作:

円錐ウキの作り方(5)

成形、その1:

■まずセンター出しを行います。
金属のヤスリなどで荒削りをしながら、クギを中心に真円となるように円柱の形を整えていきます。ノコ刃を使っても良いと思います。(削り過ぎに注意)

【ヤスリなど、適当な道具でOK】


【センター出しが肝】


■ウキの原型を作っていきます。
一番楽しい工程となります。どのような形状のウキが良いか、頭に思い描いた形状に整えていきます。最初は、紙に書いたスケッチなどを適宜丸材の後ろに当てて見るなどして、少しずつ確認しながら削ります。手元にある実際のウキを真似て作る場合は、シルエットをよく比較しながら成形します。

【ワタシは鉛部分から手を付けていきます】


【鉛は体に入ると毒なので注意】


※削った鉛はこまめに捨てるようにして、子供(自分も)の口に入らないようにするなど、注意が必要です。
【少しウキっぽくなってきました】


(続く)
=====

円錐ウキの作り方(4)

自作:

円錐ウキの作り方(4)

成形の準備:

■丸材を適当な長さに切断します。
郵便ハガキなどの厚紙を丸材の外周ぴったりに巻き、セロテープなどで留めておくと、同寸の材料を簡単に作ることができます。ハガキを切断したい長さにしておきます。

【厚紙ならなんでもOK】


【採寸用、厚紙の冶具】


鉛筆などで外周をマーキングしていきます。ワタシの場合は長さを45mmに設定しています。出来上がりは45mmよりだいぶ短くなりますが、成形前は長さがある程度ないと誤差を吸収できないことがあります。

【後は引線通りにノコギリなどで一つずつ切り落とすだけ】


【丸材が短い時は万力のようなものがあると便利】


【切断面のバリを適当に落とします(省略可)】


■丸材の中心にクギを差し込むための穴を開けます。
クギの外径に合わせたドリル刃を使用します。ここでは用意したクギに合わせて2.5mm径のドリル刃を用います。ここで開ける穴に最終仕上げ工程で中通しのパイプを挿入しますので、パイプ外径より大きい穴を開けることはできません。クギの太さとパイプの外径に注意して下さい。鉛直を正確にとってから穴を開けるのがベストですが、写真のようなドリル台(3千円台程度)を購入する以前は、適当に目分量で穴を開けていました。それでも作れます。ごくまれに不良材料が生じる程度です。      
【ドリル台】  


ここではそう神経質にならなくても、成形過程で何とかなります。ドリル台を使用しても、廉価な台では必ず同じ位置に穴を開けられるわけではありません(ドリルがぐらぐらする)。ただし、ドリル台を使用すれば、鉛直(穴が丸材の外辺に対して平行)は確保できます。      
【台はなくても気合でいけます】


■ウキの下部に当たる側に丸玉オモリ用の穴を開けます。
低重心型のウキになります。オモリを真ん中あるいは上部に位置させたい場合(高重心型)は、穴を深く開け、オモリを挿入した後に穴径に合った丸棒を差し込んで余分をノコギリで落とします。細い径の丸棒はラミン材などのものしか(種類が少ない)ありませんので、木材が異なることで成形時につなぎ目がうまく平らに削れないことがあります。      
【鉛用の穴、ここでは8mm径】


最初にとっつきやすい作り方は、やはり最下部にオモリを仕込むやり方です。ワタシは殆どコレです。高重心型のものもいくつかチャレンジしましたが、横(水に浮かべて水平)方向の重心が傾いてしまうことが多く、意外に難しいものです。0.8号の丸玉鉛を使用する場合は、8mmのドリル刃(丸棒を使う場合、やはり同径)を用います。      
■丸玉鉛を瞬間接着剤で固定します。      
【かなり不揃い・・・でも何とかなります】


あらかじめオモリの中通し穴にヨージ、ステンレス棒(古い天秤などの再利用)やクギなどを差し込んでおき、ウキ側の中心穴となるべく平行になるように、瞬間接着剤などを垂らした後で打ち込んでいきます。再度ドリルで穴を開け直すので適当でも良いのですが、ドリルで穴を開けていく時にドリルが真っ直ぐに入っていかないことがあります。      
【ウキの穴と平行に打ち込んでいきます】

オモリと丸材の間に隙間ができますが、特にパテで埋めたりはしていません。ワタシの作り方では、この部分はウキの成形過程で削り落とされていきます。底面がずんぐりになりますが、鉛をウキの中心寄りに埋め込まない限り、底を尖らす成形は難しいです。松山ウキ(松田名人ウキ)のようなフォルムは素人には無理です。瞬間接着剤がオモリの外周側にも付着していると成形の時に溶けて汚くなりますので、適量を心がけますが、あまり少ないと成形過程で剥がれてしまいます(特にクギを差し込む際)ので、加減を肌で覚えます。      
■再度、ウキの中心穴をドリルでゆっくり開けていきます。
鉛の部分は少し緩めに開けます。クギを差し込む時にオモリを押して剥がしてしまうことがあります。     
 
【穴開けはゆっくり慎重に】


■クギを差し込みます。
あらかじめドリルチャック部にクギを固定しておき、ドリルをゆっくり廻しながら丸材を押し込んでいきます。成形しやすい向きは好みが分かれると思いますので、適宜。差し込み終えたら、成形準備完了です。      
(続く)
=====