2006/12/17

江戸前のハゼ釣り

ハゼ釣り@江戸川(新行徳橋近辺)



妙典側(浦安寄り)・対岸(市川寄り)ともに釣り桟橋・貸しボートのお店が沢山ありますので手ぶらでもハゼ釣りが楽しめます(写真は妙典側の釣り桟橋です)。土手を降りて行き、利用する桟橋・ボート屋さんの前に車を停めます(もちろん無料)。新行徳橋や行徳橋の下付近で釣られる方たちは土手沿いの道路に停めている方も多いようです。

イソメ餌(@400~500円ぐらい)も売ってますし、貸し竿なども大体常備されていると思います。ワタシは6月ぐらいになると通い始めますが、小さい(デキハゼ)ものほど、桟橋の直下や係留されたボート下などにワンサカ潜んでいます(笑。小さいお子さんには短いリール竿(ハゼ天秤仕掛けなど)か延べ竿で。お子さんはウキ仕掛けより2号ぐらいの重いオモリでミャク釣りした方が釣りやすいように思います。


===


延べ竿の方がトラブルが少なくて大人は楽ですが、子供はなぜかリールが好き・・・ウチだけかな^^;。ワタシは2.1mの延べ竿(J州屋さんで980円のとか、時期になると店頭にハゼ用と銘打って並んでいる安価なもの)に中・小粒のシモリ玉を3つぐらい通した仕掛けをよく使用しています。軽いガン玉の代わりに0.5号程度の丸玉中通しオモリを付けてミャク釣りのように使うのもイージーでお奨め。リール竿がトラブった時は自分の竿のオモリを付け替えて渡してます。子供に楽しんでもらうのが肝なので、大人は釣りするヒマはありません、特に二人も連れて来ると(笑。

===



子供:
★「釣れにゃい!#&」

大人:
★「そうそう、外向きより桟橋の内側、ボートの下とか」

子供:
★「釣れた!!」

大人:
★「あ、あんまり巻くと竿折れるよ、あ、ああっ」

子供:
★「・・・・・」

大人:
★「パパの竿と取り替えな~、今オモリ付けてあげるから」

================================================

■自分が小さい頃、江戸川のハゼ釣りへよく連れて行ってもらいました。たまにその頃のことを想い出します。子供たちが大きくなって懐かしく想い出してくれると良いな~。

■釣ったハゼは全部美味しくいただいていますので、持ち帰るのは食べる分だけにしています。氷水に漬けてクーラーで持ち帰ってもまだピンピンしているぐらい丈夫ですので、バケツに張った水をたまに取り替えて上げれば、釣り終了まで元気です。炎天下は要工夫。魚ビクの方が良いと思うのですが、子供は見て触って楽しむのでワタシはバケツ派(笑。

■デキハゼならば、腹から口まで開いてワタを取り除いたら塩・コショウでから揚げ、少し大き目ならば天婦羅、お造りサイズは・・・最近は縁がございません。================================================

★日差しの強くなる盛夏は、お子さんへ麦わら帽など(とにかく帽子)をかぶせてあげて下さい。熱中症になります。

================================================

0 件のコメント: